世界糖尿病デー

11月14日は「世界糖尿病デー」(World Diabetes Day)です。 世界の成人人口の8.8%(4億1,500万人)が抱える病気で、年間500万人以上が糖尿病による合併症で死亡しているそうです。なんと6秒に1人が亡くなっている事になります。 2040年には、約6億4,200万人に達する予想、予防に向けた取り組みが必要です。 国連やどこまでも続く空の「ブルー」と、団結を表す「輪」のブルーサークルがシンボルマークです。 夜には、糖尿病予防の啓発活動として、全国でブルーライトアップが行われます。 (※公式ホームページ参照)

世界糖尿病デー

11月14日は「世界糖尿病デー」(World Diabetes Day)です。 世界の成人人口の8.8%(4億1,500万人)が抱える病気で、年間500万人以上が糖尿病による合併症で死亡しているそうです。なんと6秒に1人 …

詳細を確認する

JIMTOF2018

日本国際工作機械見本市「JIMTOF2018」が東京ビッグサイトで開催されています。過去最大の規模、最先端の技術を目の当たりにすることが出来ます。学生や海外から視察など、多くの入場者で賑わっています。

詳細を確認する

西日本豪雨災害2

すでに豪雨災害が起こってから1か月余り、西予市野村町では仮設住宅の建設が進められていました。水はすっかり引いて静かな町。しかし、壁に残る泥の跡、全てが取り除かれてガランとした家の中。想像を絶する災害であったことだけは確か …

詳細を確認する